会社概要・
アクセス

会社概要

会社情報

社名 アタム技研株式会社(ATAM Giken Co.,Ltd.)
代表者 代表取締役 会長 井ノ上耀子
本社所在地

〒480-0106
愛知県丹羽郡扶桑町大字小淵字宮東ノ切915番地1

TEL:0587-92-1161 アクセス

事業所所在地
ショールーム
〒480-0107
愛知県丹羽郡扶桑町高木字福1443番地(福祉関連)
江南工場・メンテナンスセンター
〒483-8012
愛知県江南市般若町東山401番地(福祉関連)
東日本営業所
〒353-0002
埼玉県志木市中宗岡2丁目11-9
資本金 3,500万円
設立 平成2年2月2日(1990年)
従業員数 24名(令和2年2月現在)
役員
代表取締役
会長
井ノ上耀子
代表取締役
社長
塚原弘祥
取締役
井ノ上直彦
監査役
長瀬昌彦
取引銀行 三菱UFJ銀行
愛知銀行
十六銀行
大垣共立銀行
岐阜信用金庫
日本政策金融公庫

事業内容

  • 熱エネルギー利用機器・家庭用電気機器・制御機器・通信機器・健康産業 機器及び付帯機器の研究開発、試作、製造
  • 製造業の技術・経営コンサルタントとその付帯業務
  • 上記に関する調査、研究
  • 業務用食器洗浄機用「ガスブースター」の設計・製造・販売
  • ガス燃焼機器等の電子制御基盤の設計・製造・販売
  • マットレス、車いす等の福祉用具の貸与事業者用、洗浄機・乾燥機の設計・製造・販売
  • 高齢者施設、病院等への全自動、車いす洗浄・乾燥機の設計・製造販売。

沿革

1990.02 平成2年2月2日、名古屋市千種区「千種ファーストビル」にて会社設立。
1990.07 愛知県丹羽郡扶桑町に扶桑事業所(初期)を設立。
1990.12 韓国LG電子より依頼を受け、制御基板の不良率低減の技術指導開始。
1994年4月、この技術指導はLG電子の目標を達成し終了。
1995.06 業務用食器洗浄機用給湯器「ガスブースター」の販売開始。
1999.08 扶桑事務所、3階建て新社屋完成。
2000.06 車いす洗浄・乾燥機「リフレッシャー」の開発委託事業を受託。
2004.04 「リフレッシャー」の販売開始。(2005年2月、名古屋大学付属病院に納品)
2004.08 「リフレッシャー」の松下電工(株)仕様を納品開始。
2006.08 公益社団法人 日本ニュービジネス協議会連合会
ニッポン新事業創出対象「アントレプレナー部門」優秀賞受賞。
2009.04 経済産業省「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定。
2010.04 マットレスの洗浄・乾燥機「MR-010」を発売。
2010.04 マットレス高速乾燥機「MD-020」(現、多目的・高速乾燥機)を発売。
2010.12 マイコン制御式、新型「ガスブースター」を発売。
2011.04 多目的・高速乾燥機「MD-021」を発売。
2011.10 経済産業省中部経済産業局ホームページ「中部発きらり企業紹介」Vo.76に掲載されました。
2012.09 マットレスの洗浄・乾燥機「MR-013(K)」を発売。
2012.09 福祉用具の多目的・洗浄機「TS-1202(T)」を発売。
2013.01 日刊工業新聞の記事「勝つ」に、4回連続掲載される。
2013.09 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ホームページ「NEDO実用化ドキュメント」に弊社の「車いすとマットレスの全自動戦場で医療・介護従事者の負担を大幅軽減」が掲載されました。
2013.10 カゴ台車用・高速乾燥機「CD-300」を発売。
2015.10 本社を扶桑事業所に移転。
2016.06 日本貿易振興機構(ジェトロ)「新輸出大国コンソーシアム」エキスパート支援開始。
2017.00 準備中です。
2018.00 準備中です。
2019.00 準備中です。
2020.02 アタム技研株式会社は30周年を迎えました。

アクセス

本社周辺地図

本社 〒480-0106 愛知県丹羽郡扶桑町小淵字宮東ノ切915-1
ショールーム 〒480-0107 愛知県丹羽郡扶桑町高木字福1443番地(福祉関連)
江南工場・メンテナンスセンター 〒483-8012 愛知県江南市般若町東山401番地(福祉関連)
東日本営業所 〒353-0002 埼玉県志木市中宗岡2丁目11-9

本社への交通手段

  • 電車の場合

    名鉄電車、犬山線、扶桑駅西口を出て、北西へ徒歩約35分(約2km)

  • 自動車の場合

    東名、名神、小牧インターチェンジから北へ約10km

    • ※来客用駐車場 5台
    • ※小牧ICを北方向(犬山、岐阜方面)に出て、国道41号線を北に進み、オークマ(株)様の信号を左斜めに曲がり、直進。
      イオン扶桑ショッピングセンターの信号を右折、木曽川の堤防の手前の道を左折し、約200m。